作り方まとめ~チュニック編

用意する材料はこちら

  • 生地
  • 同色の糸
  • 切り替え部分のテープやレース
  • ワンピース
  • カーディガン
  • パンツ
  • スカート

お子さんからシニア層まで、どんな季節でも着回しがしやすいアイテムがチュニックです。一着お気に入りのデザインやカラーのものを作ってしまえばオールシーズン愛用できそうですね。スリムなパンツやカーディガンなど相性のいいアイテムが多い上、初心者さんでも作りやすいのでぜひ挑戦してみてください。

チュニックの作り方

初心者の方でも挑戦しやすい、チュニックの作り方をご紹介します!チュニックは着回しが利くのでオールシーズン着回せるような生地を選んでもいいですが、コットン生地を選べば春夏の装いにぴったりです!余った布でショールを作るなどして、自分だけのオリジナルなチュニックを作ってみてくださいね。

チュニックの型紙をチョイス!

型紙

ゆったりとしたシルエットが特徴のチュニック。そのため、実は型紙ナシでも作れるものもたくさんあります。バストサイズや長さの希望が分かっていれば生地をザクザクカットして縫い合わせるだけでもOKなのですが、やはり最初は型紙できっちりと作っていった方が感覚もつかみやすいでしょう。見返し用に2枚ずつ型紙をとります。

ステップ1
身頃の上を縫い合わせる

体験ステップ1

身頃の前と後ろの肩を中表に合わせて縫い、見返し用のもう一枚も同じように縫います。見返しの上に身頃をかぶせるように中表に重ねます。衿ぐりは表の出来上がり線より1mm上側に、身頃の出来上がり線より1mm下側にずらしてまち針をさし、まち針をさしたところも縫っていきましょう。衿ぐりがずれないようしつけをかけてから7~8cmのステッチをかけ、袖ぐりの縫いしろを切りそろえます。身頃を揃えて置き、袖ぐりの端からまち針をうっていきます。肩線まできれいに合わせ、ミシンで縫っていきましょう。もう片方の袖ぐりも同じように処理します。

ステップ2
身頃の下と上を縫い合わせる

体験ステップ2

身頃(下)にギャザーをつくります。両端を8cm残して荒い目で2本ミシンをかけ、縫い始めと終わりの糸を長めに残します。残しておいた糸を、上と下一緒にひっぱりギャザーをつくります。ギャザーと身頃上を中表に合わせてまち針をうち、縫い合わせます。切り替え部分にラインを入れたい部分はここでテープなどを縫いつけます。
裏へ返して見返りの縫いしろを縫い目が3mmかぶさるように折り、端は少し残して中央のみに軽くしつけをかけます。脇の縫いしろにロックをし、ルレットで表の出来上がり線を見返しに写します。

ステップ3
処理と仕上げ

体験ステップ3

見返しは開いたまま脇線を縫います。見返しの縫いしろは割りたいので縫いしろに切り込みを入れ、脇の縫いしろは前身頃側に倒します。脇の部分の見返しにまち針をうち、しつけをかけます。表からさらにステッチをかけて見返しを止めます。
仕上げに、裾を1cm折り、さらに2cm折って三つ折りにしてミシンをかけたら出来上がり!アクセントとしてフリルなどをつけても可愛いですよ。

今回体験したソーイング教室

チュニックが製作できる教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

初心者の方でも、60分でチュニック一着が作れる「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」がおすすめ!縫製会社が母体となっている教室で、ニット生地の販売量は日本でナンバー1です。教室では最新の縫製技術を取り入れるほか、縫製会社ならではのスピーディーで正確な技術を伝授!初心者からプロの方まで自分のペースに合わせて学ぶことができます。


初心者の方でも簡単につくれる、チュニックの作り方をご紹介しています。コツさえつかめば1時間もかからず作り上げることができるのでぜひ挑戦してみましょう!必要な材料&作り方のポイントをチェック!