スカートを作ろう!材料と作り方

用意する材料はこちら

  • 生地(薄手のもの)
  • ゴム
  • ワンピース
  • カーディガン
  • パンツ
  • スカート

ふんわりギャザーがゆれるスカートは、女性の憧れ!お子さんから年配の方でも着こなしや素材選びによっては同じ作り方で簡単に作れてしまいます!特に、ファスナーやボタンを使わずにウエストがゴムになっているタイプのスカートは初心者さんでも簡単に作れます。まずはウエストフリーの簡単スカートを作ってみましょう。

スカートの作り方

こちらでは、ウエストがゴムタイプの簡単ギャザースカートの作り方をご紹介しています。たっぷりのギャザーが特徴のスカートなので、厚手の生地はあまり向きません。ダンボールニットや裏毛ニットなどではなく、ソフトな肌触りのコットンや薄手のウールなどでもいいでしょう。初心者の方でも簡単に作れる作り方を掲載していますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

スカートの型紙をチョイス!

スカート型紙

布の必要量は、横「ウエスト寸法÷2×2.7+2」縦「スカート丈+6.2cm」です。縫いしろは1cm、ウエストゴム通し位置は裏側3.2+縫いしろ1cmとります。これを二枚用意します。型紙を成人サイズに調節すれば、同じギャザー量のフェミニンなスカートの完成です。親子でお揃いのスカートを作ってみてはいかがでしょうか。

ステップ1
下準備をし、前後布を縫い合わせる

体験ステップ1

スカート丈をお好みで決め、生地を必要量カットします。下準備として、前スカートと後ろスカートの上端以外の端にジグザグミシン、またはロックミシンをかけます。次に、スカートの脇線を縫いましょう。前後布を中表に縫い、アイロンで縫いしろをわります。ゴム通し口は3cm残して縫い、ステッチを入れましょう。

ステップ2
裾を縫い、ゴム通しをつくる

体験ステップ2

裾線を縫います。たっぷりとギャザーをつくるため、ギャザーの分量を考慮して二つ折りがおすすめ。裾が硬くなるとキレイにギャザーが出なくなってしまいます。二つ折りして裾を縫いましょう。次に、ゴム通し部分の形を作ります。上端から1cmのところを折り、アイロンをかけます。さらに、上端から4.2cmのところを折りアイロンをかけます。

ステップ3
ウエストにゴムを通して完成

体験ステップ3

ウエストのゴム通し部分を縫います。ステップ2でアイロンかけした部分を直線にミシンかけしていきます。ゴム通し部分が縫い上がったら、ゴムを通します。1cm幅のゴムを二本用意し、それぞれを通し縫い止めます。ゴムを縫い止める位置はウエスト寸法×0.9cmが目安。サイズに合わせて調整してください。これで簡単ギャザースカートの完成です!

今回体験したソーイング教室

スカートが製作できる教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

基礎から学べて、プロ志向の方が多い教室が「平山洋裁教室」です。東京・目黒に教室を構えている平山洋裁教室は、パターンのみを学びたい人、既にパターンの知識はあるもののもっと深く勉強したいという方にぴったり。パターンメイキング技術検定試験3、2級の指導もしてくれます。生徒さんに合わせて指導内容を変えてくれるのが特徴です。初心者から深くソーイングを学びたい方に!


初心者さんでも簡単につくれる、スカートの作り方のポイントを掲載しています。細かいパーツの製作が少ないため、スカートは挑戦しやすさ抜群!ソーイングビギナーの方も是非スカート作りに挑戦してみてください。