プルオーバーを作ってみよう!

用意する材料はこちら

  • 生地
  • 接着芯
  • ワンピース
  • カーディガン
  • パンツ
  • スカート

誰でも、そしてどんな季節でも着やすいのが、プルオーバーです。プルオーバーというのは、前開きなどがなく、頭からかぶって着るものの総称でセーターがその代表です。カットソーやハイネックニットなどもプルオーバーにあたります。こちらでは、初心者さんでも簡単にでき、着回しのしやすいプルオーバーの作り方をご紹介します!

プルオーバーの作り方

誰でも着やすく、初心者さんでも挑戦しやすいプルオーバー。用意するのは生地と接着芯、そしてミシンや糸があればすぐに出来てしまいます!生地はどんなものでもいいですが、裏毛素材などなるべく厚めのものにするといいでしょう。あまり厚すぎるとシルエットが四角くなってしまうので要注意!

プルオーバーの型紙をチョイス!

型紙

今回は、お子さん用の型紙をご紹介します。アレンジすれば大人用のプルオーバーも簡単につくれてしまうので、お揃いで作ってみてはいかがでしょうか。見返し用の生地はニットのほか、シルクや麻でも大丈夫ですが、余裕のあるものを選びましょう。こちらの型紙は、ゆったりと着られるものになっています。

ステップ1
裁断し、身頃を縫い合わせる

体験ステップ1

まずは、型紙に合わせて裁断します。できれば見返しを粗断ちして、接着芯を貼ってから型紙通りに裁断しましょう。見返しの前後を中表に縫い合わせ、縫いしろをアイロンで割ってから外回り部分を空ロック。同じように、身頃の肩と袖と脇をそれぞれ空ロックします。前後身頃の肩を縫い合わせ、縫いしろをアイロンで割りましょう。

ステップ2
見返しを縫い合わせ衿ぐりを調整

体験ステップ2

見返しをまち針でとめ、身頃と見返しの衿ぐりを中表に縫い合わせます。プルオーバーはすっぽりと頭からかぶるタイプなので、頭がちゃんと入るかここで調整してくださいね。頭が入らない場合は後ろに空きをつくりましょう。縫い合わせた衿ぐりの縫いしろのカーブをハサミで少しカットします。見返しをひっくり返し、見返しに合わせてステッチをかけます。

ステップ3
裾切り替えを縫い合わせる

体験ステップ3

身頃を中表にして、脇の合印の部分から裾までを縫い合わせます。ズレないよう、のびる生地は少しずつひっぱりながら調整して縫うようにしましょう。袖部分を1.5cmで二つ折りにして、ぐるりと一周ステッチをかけます。裾切り替え布の脇を中表で輪に縫い合わせ、外表になるように折り曲げます。切り替え布を少し伸ばしながら身頃と裾切り替え布を縫い合わせます。

今回体験したソーイング教室

プルオーバーが製作できる教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

初心者の方にもおすすめなのが「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」。縫製会社が母体となっているソーイング教室なので、スピーディーに正しく縫製するコツを教えてくれます。ニット生地の販売量は日本でナンバー1!型紙は常に500パターン用意。新作型紙も毎月3~5種類入荷するので、必ずお気に入りの洋服をつくることができるはずです!


初心者さんでも簡単にできる、プルオーバーの作り方をご紹介しています。プルオーバーの作り方のほかにも、作る際のコツや型紙も掲載していますので、ソーイングが初めての方もぜひ挑戦してみてください!