挑戦!ポンチョを作ってみよう

用意する材料はこちら

  • ダブル幅の生地
  • お好みでコサージュ
  • ワンピース
  • カーディガン
  • パンツ
  • スカート

寒いときにさっと羽織るだけでぽかぽかになるポンチョ。秋冬にはぜひ一着は持っておきたいアイテムです。でも、なかなか自分好みのポンチョが見つからないこともあるでしょう。生地のデザインが上半身をすっぽり覆うので、デザインや生地が命!そこで、ご自分でお気に入りのポンチョを作ってみてはいかがでしょうか?お好みでコサージュなどを付けオリジナルポンチョを作ってみてくださいね。

ポンチョの作り方

自分好みのポンチョに出会うために、お好きなデザインの生地を選んで自分だけのポンチョを作ってみましょう。コートのように羽織る場合は、コサージュなどを使ってアクセントにしてもいいでしょう。もちろん袖を通して前開きで着てもいいですし、袖を通さずにマント風に着ても素敵です。いろんな着方ができるのもポンチョの魅力ですよね。

ポンチョの型紙をチョイス!

型紙

十字の線を引いてから作れる簡単型紙のご紹介です。こちらは、袖がある3WAYの着こなしができるポンチョの作り方!型紙寸法は、基本サイズ9号を一度立体で組んだものをそのままの寸法載せています。サイズが合う方はぜひ挑戦してみてください。袖なしのポンチョは型紙無しでも簡単に作れますが、ぜひ本格派の袖つきポンチョを作ってみましょう。

ステップ1
袖の型紙を作り、布を裁断

体験ステップ1

袖の型紙を作ります。横12.2cm、縦20.5cmの長方形を作ります。角の寸法をとり、その点を通るように楕円を書きます。型紙を作る際に測った袖山の距離とこの楕円の円周がだいたい合うように微調整をします。袖ぐりの線の内側に縫いしろとして1cmの平行線を引きます。布は1.7mのものを用意。ポンチョ本体は生地をそのまま1mの長さでカット。縫いしろをつけて袖を裁断します。

ステップ2
ポンチョ本体をつくる

体験ステップ2

ポンチョ本体の生地に、端から5~7cmのところに捨てミシンをかけてフリンジをつくります。捨てミシンをかけることによってそれ以上布が簡単にほどけないようにするのです。袖ぐり部分を切り抜きます。ポンチョの真ん中から背巾+7cmの半分に袖ぐりをとりましょう。寸法は左右対称になります。

ステップ3
袖を作って仕上げ

体験ステップ3

袖を中表になるように半分に折って、袖下を縫い合わせます。縫いしろはロックミシンで始末しましょう。縫いしろはアイロンで後側に倒します。袖口は三つ折り始末にしてステッチをかけます。袖は表側にひっくり返しておきましょう。ポンチョ本体の表面に袖を置き、合印を合わせながら袖ぐりを縫い合わせます。縫いしろはロック始末をしてください。

今回体験したソーイング教室

ポンチョが製作できる教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

ひとりひとりに丁寧に教えてくれる、ビギナーさんにもおすすめのソーイング教室が「JIMI洋裁パターン教室」です。コースは「パターンコース」と「洋裁パターンコース」の二通りで、パターンコースは洋裁学校などを卒業した方が対象。洋裁パターンコースは初心者の方が対象で、それぞれの実力に合わせて学んでいくことができます。授業の進め方は完全個別指導。大阪、滋賀、奈良、名古屋からも通う生徒さんがたくさんいる京都の人気ソーイング教室です。


初心者さんでも挑戦しやすい、ポンチョの作り方をご紹介しています。寒いときにさっと羽織ればすぐに暖まれるポンチョ。秋冬には重宝しますよね。ニット生地のポンチョの作り方と型紙を掲載しているのでぜひ挑戦してみましょう!