パンツを作ってみよう!作り方と用意するもの

用意する材料はこちら

  • 生地
  • 接着芯
  • ファスナー
  • ボタン
  • ワンピース
  • カーディガン
  • パンツ
  • スカート

一着は作ってみたいシンプルパンツ!裏毛素材でジャージのようなゴムウエストのパンツを作ってもいいですが、ファスナーやポケットがついた本格的なパンツにも挑戦してみたいものです。なかなか難しそうですが、型紙からしっかりと作りパーツごとに丁寧に作ればきっとキレイにできるはず!ぜひ挑戦してみてくださいね。

パンツの作り方

ジャージのようにゆったりと穿けるパンツもありますが、今回はファスナーつき、ポケットつきの本格派パンツの作り方をご紹介します。ポケットも前後についているタイプなので各パーツの作り方に時間がかかるかもしれませんが丁寧にひとつひとつをこなすほど仕上がりも美しくなります。型紙の例と、作り方のコツを掲載します。

パンツの型紙をチョイス

パンツ型紙

基本的なパンツの型紙をご紹介。サイズを調節する際には、ズボンを縦半分に分割し、増減したい分量÷4を計算。型紙を広げたい場合にはその分の紙をはさむようにしましょう。縮めたい場合には、重ねて小さくするだけでOKです。同じようにベルトも広げたりたたんだりしてください。裁断した全てのパーツの端はほつれ止めをして、ベルトと持ちだしの裏などには接着芯をつけます。

ステップ1
ポケット、ファスナーを取り付ける

体験ステップ1

ポケットの部分を切り落とし、表を上にした前身頃の上に裏を上にしたポケットを重ねて中表で縫っていきます。ファスナーが付く部分を避けて股の上を縫ったら、ファスナーを縫いつけます。パンツの前中心に見返し、裏を上にして重ね、端から0.8cmのところを縫います。見返しを裏側に折り、端から2.2cmの所を縫います。反対側の中心にファスナーの裏を上にして重ね端から0.5cmの所を縫い、持ち出しを重ね、端から0.8cmの所を縫います。縫いしろを裏側へ折りこちらも端から0.2cmの所を縫います。

ステップ2
後身頃、前身頃を縫う

体験ステップ2

出来上がり通り前を重ねてズレないようピンで留めたら、裏が見えるよう生地を置き、持ち出しをよけます。持ち出しをさけてファスナーと見返しを縫い、表から見返しを縫って固定します。持ち出しを元に戻し、前身頃と持ちだしと見返しを重ねて縫います。前後身頃を中表に、脇を縫ったら一旦パンツを広げ、脇の縫いしろを後身頃の方に倒し、後身頃側に縫いしろを固定するため縫い目から1.2~0.5cmのところを縫います。後ろの股の上を縫い、繋がった股の下同士を合わせ股の下を縫います。

ステップ3
ベルトをつくり、仕上げ

体験ステップ3

ベルト通しをつくり、ズボンを表返します。表にしたベルトの上に裏を上にしたベルトを重ね、両端の縫いしろがはみだすよう重ね縫います。ベルトは裏返った状態のまま持ちだしの延長線上を縫います。ベルトを表返し、身頃の縫いしろをベルトの中に入れ、端から2~5mmのところを表から縫います。お好みの数ベルト通しをつけます。アイロンで裾を押し、縫いしろより5mm短めのところをミシンがけ。カギホックかボタンホールを開けてボタンを取り付けたら完成!

今回体験したソーイング教室

パンツが製作できる教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

初心者の方でも驚くほど簡単にパンツを作れてしまうのが「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」です。縫製会社が母体となっているため、簡単スピーディーに一着を完成させられるコツを伝授してくれ、ミシンに触れたことのない方も一時間でパンツを一本製作することが可能!新作型紙や生地の入荷も多く、生地の販売数は日本1です。


初心者さんでも挑戦しやすい、パンツの作り方のポイントを掲載しています。なかなか難しそうなアイテムですが、型紙があれば簡単に作れますよ!ソーイング初心者の方もぜひパンツの作り方に挑戦してみましょう。