作り方をチェック!ニットジャケットに挑戦!

用意する材料はこちら

  • 生地
  • 接着芯
  • スナップボタン5つ
  • ワンピース
  • カーディガン
  • パンツ
  • スカート

一見難しそうで、初心者さんは手が出しにくいジャケット。衿や袖の縫いつけで仕上がりが狂ってしまいそう…と思ってしまう人も多いと思います。でも、型紙からしっかり作っていけば失敗も少ないのでぜひ挑戦してみてくださいね。こちらでは、ニットジャケットの作り方のポイントをご紹介します!

ニットジャケットの作り方

初心者さんでも挑戦しやすい、シャツジャケットの作り方をご紹介します。衿や袖、ポケットなどを別に作り縫いつける方法ですが、下準備からしっかりと行えばきっと美しい仕上がりになりますので時間をかけてじっくりと取り組んでみてくださいね。生地はストレッチのニットを使用しましょう。キルトなどもおすすめです。ポケットなどをつけてみてもいいでしょう。

ニットジャケットの型紙をチョイス!

型紙

初心者さんでも挑戦しやすいシャツジャケットの型紙です。少しゆったりサイズの型紙となっているので、ぴったりサイズにしたい方は微調整しながら型紙をつくるようにしてください。非常にシンプルな仕上がりなので、飾りとしてポケットの雨ぶたのみつけてもいいかもしれませんね。布を二枚中表に縫い、ひっくり返すだけで雨ぶたはできあがりです!

ステップ1
身頃と衿を縫う

体験ステップ1

生地を型紙に合わせて裁断します。縫いしろは1~1.5cm程度。衿に接着芯を貼り、各縫いしろの始末をします。身頃の中心と脇を中表で縫い、前後両方縫いつけます。縫いしろは左右に割りましょう。次に衿を縫います。切り込みを入れてからミシンをかけるとカーブもキレイに縫うことができます。衿の縫いしろを全部衿の中に入れ、衿の端から5mm側をまつり縫いします。

ステップ2
肩、脇を縫い、袖をつくる

体験ステップ2

肩と脇を縫ったら、袖を縫いましょう。袖山には袖を立体にするための余裕があるため、ギャザーを寄せます。縫い始めと縫い終わりは布の端から5cm以上離れたところから縫い始め、始めと終わの糸を少し長めに出しておきます。裏の方の残しておいた糸だけを引っ張ってギャザーを寄せます。二枚の袖を表側が中になるように重ねて両脇を縫います。袖口は三つ折りにします。

ステップ3
袖をつけ、スナップをつける

体験ステップ3

袖は表にひっくり返し、身頃を裏返して身頃の中に袖を入れます。肩と脇を最初に合わせてまち針で止めます。縫う場所より2~3mm横をしつけ糸を使って縫っておくとミシンを縫うときに針を折る心配がありません。しつけ縫いをしたらミシンで袖ぐりを縫っていきます。見返し、裾の始末をします。仕上げにスナップをつけたら完成。

今回体験したソーイング教室

ニットジャケットが製作できる教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

初心者さんでも一からニットジャケットの作り方を教えてもらえるのが「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」です。カリキュラムは午前と午後にわかれており、それぞれのペースで学ぶことができます。縫製会社が母体となっているので、ニット生地や新作パターンも随時入荷されます。ためになる、楽しいイベントも行われる、大手ソーイング教室のひとつ。


初心者さんでも挑戦しやすい、ニットジャケットの作り方のポイントをご紹介しています。なかなか難しそうなジャケットですが、型紙からきっちり作っていけば初心者さんでも失敗は少ないですよ!作り方と型紙を公開!