コート作りに挑戦しよう!作り方と型紙

用意する材料はこちら

  • 生地
  • 接着芯
  • ボタン
  • ワンピース
  • カーディガン
  • パンツ
  • スカート

コートには様々な形があります。テーラードカラーのスプリングコート、最近流行のショート丈のコート、定番のPコートなど。どれをとっても初心者には難しそうに見えますが、シャツやブラウスを作ったことがある方なら簡単に作れてしまうはずです!少し厚めの生地を使って、コート作りに挑戦してみましょう。

コートの作り方

コートの種類にはいろいろありますが、今回はテーラードカラーのコートの作り方をご紹介します。テーラードタイプなら流行りにも左右されないのでいつまでも着ることができるはず。ぜひ、自分だけのお気に入りのコートを作ってみてください。厚手の生地は難しそう、という方は薄手の生地で作ればスプリングコートにもなります。

コートの型紙をチョイス!

型紙

前身頃と後身頃、そしてスカート部分、衿や袖部分とパーツが分かれているタイプのテーラードカラーのロングコートです。ロングコートは難しそうに見えますが、実は難易度としては普通。身頃部分とスカート部分を縫い合わせてしまえば様になるので挑戦し甲斐のあるタイプだと思います。ボタンは好きな数つけるようにしてください。

ステップ1
前後身頃を縫い合わせる

体験ステップ1

生地を裁断し、見返しと衿とカフスと持ちだしの裏に接着芯をつけます。前中心と前脇、後ろ中心と脇を縫い合わせ縫いしろはアイロンで割ります。前と後身頃の表同士が内側になるよう重ね肩と脇を縫います。後スカートの中心を縫い、アイロンで縫いしろを割ります。前後スカートを表同士が内側になるよう重ね脇を縫います。縫いしろを後中心側に倒します。脇の縫い目から2~5mmのところを縫って縫いしろを固定。

ステップ2
各パーツを縫い合わせる

体験ステップ2

上半身とスカートを縫い合わせます。上半身を起こして縫いしろは上半身側に倒します。ウエストの縫い目から2~5 mmのところを縫い縫いしろを固定。上下の見返しを縫い、縫いしろはスカート側に倒して縫って固定。衿を縫い、裾の縫いしろをアイロンで折って縫います。前合わせにボタンをつけます。ボタンの開け方はミシンによって違うので、お持ちのミシンの使い方を参照してください。

ステップ3
袖を縫い合わせて完成

体験ステップ3

袖やまは縫いしろの中を二本縫い、裏の方の長く残しておいた糸だけを引っ張りギャザーを寄せます。次に袖底を中表にして縫い合わせます。表に返して直線で内側からステッチがけ。身頃を裏返し、袖を表にひっくり返しておき、身頃の中に袖を入れます。肩と脇をまち針でとめ、しつけ縫いをしたらミシンで縫っていきます。表に返し、完成!

今回体験したソーイング教室

コートが製作できる教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

初心者の方でも、一時間あればコートを縫えるようになるソーイング教室が「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」です。縫製会社が母体となっているソーイング教室で、最新の縫製技術を素早く取り入れ生徒さんに合わせたプロの技術を提供。ニット生地の販売は日本一で、型紙はすでに500パターン教室に用意されています。新作型紙も毎月3~5種類入荷。新作型紙・新作生地が各教室で使用できるのもニットソーイングクラブの特徴です。


初心者さんでも挑戦しやすい、コートの作り方を掲載しています。型紙も用意していますのでコートを一から作りたいという方は必見!基本的な作り方をご紹介していますので、自分だけのコートづくりにぜひ挑戦してみてください。