誰でも簡単!ケープ作りに挑戦しよう

用意する材料はこちら

  • 生地(ファー)
  • 裏地
  • 接着芯
  • 丸ゴム等
  • ボタン
  • くるみボタンキット
  • 手芸綿
  • ホックやリボン
  • ワンピース
  • カーディガン
  • パンツ
  • スカート

さっと羽織るだけで上品な印象になるケープ。フォーマルなシーンでも活躍してくれるケープですが、購入しようとするとフォーマルな分結構なお値段に。そこで、ご自身でケープを手作りしてみましょう!ファーの生地を使えばより上品な印象になり、プライベートはもちろんかしこまった場でも大活躍してくれるはずです。

ケープの作り方

あらゆるシーンで活用できるケープの作り方をご紹介します。羽織るだけで暖かく、ワンピースに合わせるだけでぐっと上品な印象に格上げ。こちらでは、お子さん用のケープの型紙で作り方のポイントを掲載。既製品を購入すると高くついてしまうファーケープですが、手作りすればお手頃に済ませることができますよ。初心者の方も挑戦しやすいケープの作り方です。

ケープの型紙をチョイス!

型紙

お子さん用のケープの型紙です。ドレス用に作ったものなので、丈が若干短くなっています。長めのケープを作りたい方は長さを調節してくださいね。また、縫いしろも含まれていないので1~1.5cm程度縫いしろをとるようにしましょう。衿はボタンで取りつけるタイプになっているので、衿あり、衿なし、衿のみのティペットとしても使用できます。

ステップ1
裁断し、衿部分を縫う

体験ステップ1

型紙に合わせて生地を裁断します。ファーは、毛足の流れに注意して上から下に毛が流れるように位置を決めましょう。裁断するときはハサミを細かく動かしてなるべく生地だけを切るようにするのがコツ。ケープの前合わせ部分だけ接着芯を貼ります。衿は、ボタンづけ位置の8カ所に丸ゴムを縫いつけます。リボンや紐をつける場合は、ここで縫いつけておきましょう。表地と裏地を中表にあわせて返し口を残して一周縫います。表に返し、返し口を手縫いで閉じます。

ステップ2
くるみボタンをつくる

体験ステップ2

ケープ本体の表地、裏地ともに肩部分を中表に合わせて縫います。表地と裏地を中表に合わせ返し口を残して縫います。表に返してファーの形を整え、返し口を閉じます。ケープの衿のボタン付け位置にボタンを縫いつけます。くるみボタンキットで前ボタンを作りましょう。ファーは型よりも大きめにカットし周りをぐし縫いします。綿をつめて上ボタンを入れ絞ります。ボタンを置き専用打具で押しこんだらくるみボタンの完成。

ステップ3
仕上げとリバーシブル仕様に

体験ステップ3

くるみボタンやホックを取り付け、ボタンホールをつけます。リバーシブルにする際は、ケープの表地、裏地ともに衿部分の縫いしろを少し大きめにカットし肩部分を縫い合わせます。表地と裏地を中表に合わせ衿部分の端を縫います。返し口を残して一周縫います。衿はカーブしているので縫いしろに切り込みを入れましょう。表に返したらポケットができているので、この内側にボタンを縫いつけます。一周縫わずまずは前合わせ部分を縫い、次に首周り、最後に裾を縫います。

今回体験したソーイング教室

ケープが製作できる教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

ソーイングが初めての方でもミシンの使い方から教えてくれるのが「クライ・ムキ式ソーイング教室」です。好きな布地を持参すれば、自分の好きなものはもちろん、お子さんやメンズの洋服など、作りたいものの相談にのってくれます。教室は7人までの少人数制。縫いしろ付きの型紙は約250種類取り揃えているので、きっとお好みのパターンが見つかるでしょう。入会は随時受け付けています。


初心者さんでも挑戦しやすいケープの作り方のポイントをご紹介しています。防寒アイテムにもなり、結婚式などのフォーマルにもぴったりのケープを手作りしちゃいましょう!型紙も掲載しているのでぜひ参考に!