誰でも簡単!ブラウスを作ってみよう

用意する材料はこちら

  • 生地
  • 接着芯
  • ボタン
  • ゴムテープ
  • ワンピース
  • カーディガン
  • パンツ
  • スカート

春夏秋冬着回せるブラウス。女性らしいラインで作れば、ブラウスを着るだけでフェミニンな雰囲気を出すことのできる便利なアイテムでもあります!一着作っておけばオールシーズン着回せること間違いなし!初心者の方でも型紙からしっかりと作れば簡単に一着作れるはず!ぜひ挑戦してみてくださいね。

ブラウスの作り方

生地の素材や柄などをお好みで選べばお気に入りのブラウスができますが、ブラウスを作る上で重視したいのは衿の大きさや形、スリーブの形。この二点を工夫すればオリジナリティあふれる自分だけのアイテムができるはずです。お気に入りのブラウスを作るためにも、型紙選びからじっくりとしていきたいですね。

ブラウスの型紙をチョイス!

型紙

今回は、お子様用のブラウスの型紙をチョイスしてみました。丸衿とパフスリーブが特徴の、とても可愛らしいブラウスです。お子様用の110cmサイズのものですが、大人の方でも可愛く着こなせるシルエットになっているので、お揃いで作ってみてもいいかもしれませんね。型紙の指示がない部分には縫いしろ1cmをつけましょう。

ステップ1
生地を裁断し、衿をつくる

体験ステップ1

縫いしろの指示があるところは支持通りに、支持がないところは1cmの縫いしろをとって生地をカットします。接着芯は、衿と見返しに貼っておきましょう。衿の一枚にだけ接着芯を貼ったら、衿を中表に合わせて縫い合わせます。カーブがキレイに出るように、縫ったあとに縫いしろを切り込み、表に返して端ステッチをかけます。接着芯を貼った衿を表衿にします。

ステップ2
前身頃、後身頃を縫い合わせ衿をつける

体験ステップ2

見返しの肩を中表に合わせて縫います。後ろ見返しには接着芯を貼り、ジグザグミシンをかけておきます。前身頃、後身頃の肩を中表に合わせて縫っていきます。縫いしろは二枚一緒にジグザグミシンをかけ後ろ側に倒します。身頃と見返しの間に衿をはさんで縫いましょう。表に返して端ステッチをかけます。

ステップ3
袖とボタンをつける

体験ステップ3

次に、袖と脇を縫います。袖口にはジグザグミシンをかけます。袖にギャザーを寄せて身頃と長さを合わせることによってパフが出来上がります。縫いしろは二枚一緒にジグザグミシンをかけて袖側に倒します。袖口は二つ折りにしてゴム通しのステッチをかけ、ゴムを通します。裾から袖口まで続けて脇を中表に縫い、縫いしろは二枚一緒にジグザグミシンをかけ後ろ側に倒します。裾を三つ折りにしてボタンを取り付け、ボタンホールを作ったら完成です。

今回体験したソーイング教室

ブラウスを製作できる教室
(他にもご自分に合うより評判の良い教室がたくさんありますので、ぜひ色々調べてみてください)

全国100店舗以上展開しているソーイング教室が「クライ・ムキ式ソーイングスクール」です。7人までの少人数制の教室で、ミシンはオリジナルミシンを含めた15台を完備。縫いしろ付き型紙は約250点取り揃えているので、初心者の方でも挑戦しやすいこと間違いなし!ご自分のワードローブはもちろん、小さなお子様からメンズ、年配のお洋服でも相談に応じてくれます。


初心者さんでも挑戦しやすい、ブラウスの作り方のポイントをご紹介しています。ブラウスは3シーズン着回せるアイテムだから一着作ってもとても便利!ミシンをあまり使ったことがない方でも簡単にできるコツをご紹介。